苦情解決公表

苦情解決のしくみと結果

苦情申し出窓口の設置について

もろぐち保育園では、社会福祉法第82条の趣旨に基づき、利用者等・その家族や代理人からの苦情に適切に対応する体制を整えています。苦情ということでなくても、普段もろぐち保育園をご利用しての感想、ご意見、ご要望等何でも結構です、気づいたことを遠慮なく申し出てください。
申し出は担任保育士、主任保育士(苦情受付担当者)、及び下記第三者委員までお願い致します。

苦情解決の仕組み(手順)

●利用者等への周知

◎施設内への掲示、お便りなどにより
 苦情解決責任者の氏名
 苦情受け付け担当者の氏名
 第三者委員の氏名と連絡先
 苦情解決の仕組みを周知する。

●利用者より苦情を随時受け付け

◎苦情の内容
◎苦情申出人の希望・要望など
◎第三者委員への報告の要否
 苦情申し出人と苦情解決責任者の話し合いへの
 第三者委員の助言・立ち会いの要否
 (不要の場合には苦情申出人と苦情解決責任者
  との話し合いによる解決を図る)

●苦情の記録

◎苦情受付から解決、改善までの経過について書面に記録する。

●苦情申出人との話し合いによる解決

●必要に応じて第三者の助言・立ち会い

◎話し合いにおいて第三者委員の立ち会いを要請することができる。
◎一定期間ごとに苦情結果について報告し、必要な助言を受ける。
◎苦情申出人に改善を約束した事項について一定期間経過後、苦情 申出人 と第三者委員に報告する。

●第三者委員の話し合いによる話し合い

◎第三者委員による苦情内容の確認
◎第三者委員による解決案の調整、助言
◎話し合いの結果や改善事項などの書面での記録と確認

苦情解決

苦情解決公表

【内容】

〇苦情解決責任者

社会福祉法人 敬愛会  理事長

理事長は職員の中から苦情受付担当選任する。

〇苦情解決受付担当職員

各保育園  主任保育士

福祉サービス利用者の苦情の申し出に対して

①ご意見箱を配置、毎週金曜日に確認する。
②口頭でも随時受け付け、相談しやすい雰囲気・環境づくりをする。
③福祉サービス利用者からの苦情の受付及び記録

【要望】

〇第三者委員は次の職務を行う。

・担当者から苦情受付報告聴取をし、その旨を苦情申し出人へ通知
・苦情申し出人への助言及び、もろぐち保育園への助言
・苦情申し出人と苦情解決責任者との話し合いに於いて立ち合い、助言する
・苦情解決責任者からの苦情に係る事案の改善状況の報告聴取
第三者委員会への報告の要否
苦情申出人と苦情解決責任者の話し合いへの第三者委員の助言、立ち会いの要否

平成28年度の苦情はありませんでした。

お問い合わせはこちら
  • 保育士募集中
  • 見学会実施中
  • 新園のお知らせ

施設について

  • 本園の施設
  • 北分園の施設
  • 南分園の施設
  • よこづつみ保育園の施設
  • がもう保育園の施設
  • にしながほり保育園の施設